おすすめ

母のために紡ぐ歌は、母の言葉から産まれた曲です(NEW CD「記憶…」発売記念インタビュー)

  • LINEで送る
広瀬まりNEWCD「記憶...」2,000円

母のために紡ぐ歌は、母の言葉から産まれた曲です(NEW CD「記憶…」発売記念インタビュー)

【母のために紡ぐ歌】は、当然ですけど
「母のために作った歌」、なんです(笑

「分岐点」という、
父のために作った歌が
先にできていたんですけれど。

そっか、
父に伝えることがあったら、

母にも伝えなきゃ、
じゃ、作ろう、と思ったのが
最初なんですけれど。

その時に気づいたのが、
父に対する思いと、
母に対する思いって、
違うんだな、って。

両人に対して
「愛してるよ」
「大好きだよ」
という気持ちがあるんですけれど。

曲を書こう、
詩を書こう、と、
した時に、

父の場合は、
ぽんぽんぽん、と、
事象が出てくるんですね。

こういうことがあったよね、
こういうこともあったよね、
というふうに出てくるんですけれど、

母の場合は、
そういう、エピソードが
取り立てて、出てこないんですよ。

なんか、すごく不思議な
感じだったんですけれど。

別に、
何も記憶に残っていない、
ということではなくて。

むしろ、そのくらい、
やっぱり同性、ということもあって、
密なのかな、って気がしました。

父の場合は、
人生のポイントポイントで
これあったよね、
あれあったよね、
みたいな感じだったんですけども。

本当に、
母の場合は、
ずっと一緒だよね、
みたいな雰囲気で。

詩を書く上で
ものすごく取り立てた
エピソードは出てこないんですけど。

でも、
あなたがいたからこそ
これができている。

あなたが優しく接してくれていたから
私も優しさを持って、
夢を追っていけている。

結構、しっかりしてる母なんです(笑

なんでも、
キチン・キチンと
している母で。

私が小さい時は、
「母は、いつ寝ているんだろう!?」
私が起きる頃には、
母は、しっかり長い髪の毛を結い上げて、
家事をしていて。

私が寝る時は、
まだ何か縫い物をしていて。

「本当にいつ、寝ているんだろう?」
って思っていました。

そうしている母と、
私自身が母親になって、
自分が母のようにできているんだろうか?
って考えた時、

「うーん。。。無理がある」って。

そう思った時に、
自分の心の中で、
ふにゃって、
心が折れそうになったことも
あったんですけれど。

でも、私と母は、
違うんだな、

母は母、
自分は自分、
という違いに気づいた時、

改めて、
自分の道を、
歩いて行けるように
なったのかな、って思います。

母は、とにかく
しっかりしてる人なので。

「自分も母のようにしっかりしなきゃ」
「母のようにできないと、怒られる!?」って
ところもあって(笑

でも、その厳しさがあったから

社会で生きていく上で
色々な壁が出てきても、

壁をこえていきたい、
こえていかなきゃ、
って思えるようになったんだと思います。

その思いを歌にしていました。

【母のために紡ぐ歌】という、
題名の通り、
今、母にかけたい
言葉をたくさん選びました。

今までの私の歌には
無い曲を作りたいと
思っていたので、)

新しい曲作りの挑戦として、
ジャージーなメロディを選んでみました。

今回は、ドッシー(YouTubeチャンネル:http://bit.ly/2yl97Rb)
が素敵に曲をアレンジしてくれて。

私自身、今回の曲は、
とても秀逸!って
思っているんです。

さっきから、
母は、きちっとしていて、
厳しいって言っていますが、
母の言ってくれた言葉、

「あなたの歌の源は、”愛”なんだね」

それがあったから、
この歌も産まれたし、
この歌を心を込めて
歌える気がします。

やっぱり、
愛って大事だな、って、
改めて思わせてくれた
母のことばです。

あなたも、
あなたのお母さんに対して、

日々のやり取りの中、
色々な感情が出てくるとおもいます、

それでも、愛情を持って、
接していけるといいなって、
この曲がきっかけに
なってくれるといいな、
って思っています。

ぜひ、
楽しみにして
聴いてくれると
嬉しいです。

【母のために紡ぐ歌】です。

↓下のリンク↓をクリックしてCDを購入する
officeヒロセ STORE

Translate »