ひとりごと

ひんここ祭り

  • LINEで送る

2018年4月15日 美濃市の「大矢田神社」で行われた『ひんここ祭り』に行きました。

以前から噂だけ聞いていて、行きたい、見たいと思っていたお祭りです。

山の中腹で繰り広げられる人形劇?

農民を襲う大蛇を須佐之男命が倒すストーリーです。

が、そんなに派手な動きはなく、上演時間になるまで、ひたすら須佐之男命のお人形を振ってお祓いをしているのです。

偶然、知り合いの大工さんが、今年は役員をやっていると聞いたので、意を決して、人形が振られている所まで登って行きました。

そうしたら、そのお人形を振らせていただくことができました。

「左、右、左、中央、左に移動して左、右、左、中央、真ん中に移動して左、右、左…」と説明されたのですが、ひたすら重かったです。

でも、貴重な体験ができました。

ありがとうございました。

農民のお人形は、12体あって、それぞれが農作業に使う道具を持っています。

庄屋さんは、軍配を持っています。

一番気になったのは、太鼓の音!

あまり響かない太鼓だなぁと思って、近づいて見たら…

木をくり抜いた胴ではなく、曲げわっぱのような物がいくつか重なったような胴でした。

それを間近で見られて、嬉しかったです。

お世話になったみなさん、ありがとうございました。

(2018年4月15日)

 

Translate »