おすすめ

「分岐点」は、父のために作った歌です。(NEW CD「記憶…」発売記念インタビュー)

  • LINEで送る
広瀬まりNEWCD「記憶...」2,000円

【分岐点は、父のために作った歌です】

↓下のリンク↓をクリックしてCDを購入する
officeヒロセ STORE

「父」って書いて
「あなた」っていう風に
発音しているんですけれど。

父が病んでから、
生きることとか、
死についても、
すごく考えようになって。

命があるうちに、
「伝えておかなきゃ」
みたいな風に
ちょっと思ったところがあって。

父から聞いていたエピソード。

こんな風にして、
育ってきたんだよー、とか。

こんなことがあったよ、っていう
エピソードをいっぱい並べてみました。

間に合わなかったんです・・・。
最終的には。

この CD を作って、
この世にいる父に
聞いて欲しかったんですけれど。

実は、間に合わなかったですね。

2017年11月26日に、
コンサート演って。

そこでお披露目、って
思っていたんですけれど。

10月中に亡くなってしまったので。

実際に聞いてもらうことは
できないんですけれど。

それでも。

逆に、
しっかりと

伝えられるんじゃないかな、
って思いが、
今はあります。

父に聞いてみたかったこと。

それから父に伝えておきたかったこと。

あ、この曲を全然、
聞かせられなかった訳じゃなくて。

入院している
父の枕元で、
小さい声で、でしたけど、
アカペラで歌えたので。

それは、
心残りは
ないんですけれど。

それをメロディにのせて
皆さんにも聞いていただきたいな、
という風に、
思って作りました。

聞いてみたいことは、
どんな人生を、
どんな風景を見ながら、
生きてきたのかな。

その時の気持ちはどうだったのかな。

その過去の記憶は、
どんな風に自分の心に
残っているのかな、と、

ちょっと聞いてみたいな、
って思って書いたのが
一番の歌詞です。

二番は、
本当は
ちゃんと言ってあげられれば
よかったんですけれど。

こんな表情が好きだったよ。

こんなことを、
もう一度やって欲しかったなー、
みたいな。

でも。

どんな状態であっても、
私達は家族は幸せだし。

これからも、
きっとその思い出を、
記憶を持って、
幸せに暮らしていけるんだろうな、

っていう風に思ってます。

題名を【分岐点】と、
つけたんですけれど。

最後の歌詞で、
「あなたの道と私の道の
最初で最後の分岐点」
という歌詞で終わっています。

生まれた時から
私の父は私の父であって。

たとえ、
結婚しようが、
何をしようが、
父と娘という関係は
変わらない。

それはずっと
同じ道でいたんだけれど。

最初で最後、
別れていく、
という気持ちで、
【分岐点】という題名を付けました。

もう、あなたも、
別れをされたかもしれない。

これからかもしれない。

そんな時の事を考えながら
聞いていただけたら、
と思っています。

【分岐点】は、父のために作った歌です。

↓下のリンク↓をクリックしてCDを購入する
officeヒロセ STORE

Translate »